関東から関西への急な長距離の引越をしました

関東から関西へ転勤になり引っ越しをすることになりました。

引越し業者は会社が手配してくれました。

小さい引越し会社に依頼したようで、関東での作業は聞いたことも無いような運送会社でした。

ただ、非常に良い対応で気持ちよく荷物も運びだしてもらえました。

当初一日がかりで暗くなるまでかかると言われていたのですが、業者さんが頑張ってくれたため昼過ぎには終わり、空になった部屋を見渡した後、夜に予約していた飛行機の時間までたっぷりと思い出の場所を回ることが出来ました。

関西ではハートという引っ越し会社でした。こちらは自分も持ち家で買ってすぐに関東へ転勤になりずっと人に貸していたためリフォームをして、綺麗にしていたのですが、引っ越しで壁紙がボロボロになってしまいました…。

アルバイトが新人だったのにすごい勢いで終わったのであれっと思ったら壁が削れてるのです…。

関東からの時も早かったけれどもそんなトラブルは特になかっただけにちょっとショックでした…。

賃貸ではなく持ち家だけに私と引越会社の間でのやり取りになりました。

その後の対応はすばやく次の週には壁紙が修繕されたのでよかったのですが、もっと慎重に作業して欲しいと思いました。

関東の無名の運送屋さんの社長が謝りに来るなどなんというかいくら自分の会社が出した下請けとはいえ可哀想でした。結局関西側の会社は文章で謝罪しただけで終わってしまったので二度とあの会社は使わないと思いました。もう随分前の話なので、最近は悪い話も聞かないし、同じ会社の人も別にトラブル無く引っ越しているので改善されているのでしょうけど…。

元請けの会社の運転手さんなど非常に雰囲気が良かっただけに、非常に残念でした。

引越しには思いやりが大切です

最近はとても寒くなってきました。月の替わりは気温の移り変わりが激しくて、まさに師走だなぁと思った今日この頃です。

忙しいと言えば、今引っ越した場所にちょうど1年前引っ越してきました!色々なことに失敗していた私は、せっかくなので思い切って住む場所を変えようと、家を探し契約も済ませ、ウキウキ気分で帰宅。

が、完全に忘れていました。部屋に帰れば大量の荷物とゴミ!入居日は早いほうがいい、と勧められ2週間しかないではありませんか!今思い返せばとんでもない話です・・・。

とにかく何かせねばと思ったものの、整理しようとすればゴミが溜まり、ゴミを片そうとすればさらにゴミ、何年も住んでいたら当たり前のことですが、パッと見た以上に物は出てきました。

さすがに夜は大きい音をたてるわけにもいかないので、夜は引越し業者さんをインターネットで探すことにしてみるも、意外多いもので、工夫もそれぞれでとてもではないですがキリがありません。

仕方がないので、とりあえず見積もりと頼みましたが、これまたお値段も高いところはとても高い。

多くの人は月の初め頃に入居をするため、月末はどこもお値段としては割り増しになるようです。びっくりしたところは5万というところでしたね。周りに相談してもやはり高いと注意されました。

じゃあ安いほうがいいね、と思ってしまった私なのですが・・・

・洗濯機の取り付けは自分で

・大型の荷物の梱包の仕方

・大型ゴミは自分で運び処分

と、お安いところはそれなりに理由がありました。特に水周りなんかはクレームが多いのか何度も聞かれました。

そんなこんなで私が最終的にお願いしたのが『サカイ引越センター』さんです!

あれ?意外と普通のところ選んだね、という声が聞こえてきそうですが・・・、決め手は訪問見積もりでした。

忙しい時期にも関わらず、電話をいただいた次の日には自宅に来てもらい、荷物の量や箱の数、お皿とかはどうしたら?などの当たり前のことや、上に書いたことや捨てようと思った物に関して、値段はかかるけどこちらでしますよ!と金額的なところまで嫌がらずにお話してもらったのはとてもありがたかったです。

荷物をまとめるダンボールも、車にあるんですぐに持ってきますよと言えるのはさすがですね。

あとはその箱に必要な荷物をつめるだけでいいので、作業も捗ります。服などはタンスなどに入れておいて、ハンガー類はしっかりかけるものを用意してもらえているので作業のスピードは一気にアップしました。

そして当日、いざ新居へ!と構えていたのですが・・・時間帯は午後とだけしか言われていなかったので、いつになるかわからず家に待機、荷物は全部ダンボールの中ですからすることもなく・・・ここは完全に盲点でした。実際に作業が始まったのは午後の6時、そして終わったのは8時・・・とても遅くなってしまいました。

時期により忙しさも変わり、お値段も変わるようですが、引越し準備は早めにしたほうが苦労も値段も割安になりそうです。今思い出すととてもいい経験でした。

寒い時期なのに半袖で汗水流して家の物やゴミを丁寧に、そして早く運んでくださったお兄さんお姉さん、ありがとうございました!

やっぱり人間、最後は思いやりに惹かれるんだなぁと考えさせられるお引越しでした。

地方から初めての都内への単身パックでの引越し

自分は今年の9月に地方から都内に引越しました。今年で24歳になる自分は2年ほど前からずっと引越しを考えて、コツコツ貯金をしていました。資金面や段取りは全て自分一人でこなすと決めていたので、引越しの数ヶ月前からちょっとずつ部屋を掃除したり整理したりと念入りに準備を進めていたのです。

さて、まともに引越しなんてしたことない自分はとりあえずネットで引越しに必要なことや、やらなければいけないことなど調べることにしました。まずは物件探し、大体住みたい場所は決めていたのですが具体的な物件をまだ決めていない状態でした。

正直ネットで見ていても間取りや外観の写真だけじゃよくわからないので、その場で決めてしまおうと考えました。次に引越し業者の手配です、とりあえずネットで引越し業者のホームページ内にある無料見積もりを片っ端からしていこうと考えました。

これが結構しんどかったことを記憶しています。やはり地方から都内だと費用は10万前後で、自分は原付バイクもあるので別料金で+5万前後かかるところがほとんどでした。ですが、たった1社だけバイク込みで7万という格安業者がありました。アイル引越しセンターという地方引越し業者です。

業者に関しては迷わずそこにしました。今考えてみると色々と単身引越しの料金を比較してみたほうが良かったかもしれませんね。

引越し単身パックの料金比較|安い・格安業者の探し方

その頃にはちょっと引越し予定の1ヶ月ほど前だったので都内に物件の契約に行くことにしました。自分の住みたい街には不動産屋がたくさんあったので1番駅から近いところから行こうと決めました。1軒目の不動産屋で自分の提示した条件で物件を探してもらいながら何気なく一言バイク置けますよね?と聞いたところ、うちで扱ってる物件はバイク可なところが全く無いと断言されてしまいました。

聞くところによると、都内でバイク置ける物件はかなり少ないとのこと。驚きました、地方ならば駐輪場か無料駐車場に停めておけるものが都内ではそうはいかないみたいなのです。

結局、不動産屋を何件か周りようやくバイク可な物件を見つけて早速見に行きました。場所は国分寺、部屋も悪くなく閑静な住宅街で地方育ちの自分からすれば即決でした。物件も決まっていよいよ、引越し準備です。退去の為にダンボールに荷物をまとめる作業、これが地味に大変で業者が来る直前まで終わりませんでした。

そんな業者の方々の対応はとても良くてあっという間に部屋がからっぽになり、無事に退去できました。荷物の入れ込みもスムーズで、なんとか段取り良く無事に引越しを終えることが出来ました。人生初の引越しはバタバタしつつも、とても良い経験になりました。

サカイ引越センターでの単身パック引越し

サカイ引越センターを利用しました。まず見積もりに来て頂いて、荷物の量を確認後に料金の話をされると思いましたが、会社の説明を長々とされました。サカイ引越センターは唯一他の引越し業者と違って上場しており、他社とは違って日雇いバイトを使わず社員のみで引越しを行うそうです。

社員の方は練習用に建てた一軒家で訓練を積んでいると写真を見せてもらいながら説明されました。その為新居への引越しをする人の利用が多いことやリピーター率が高いとの事でした。

それから荷物はどのようにして運ぶのか、ハンガーに掛けたまま運べる段ボールや靴専用、皿専用のボックスのことから安心保障サービスの事、トラックのサイズについても事細かに説明してくれました。正直、サカイは価格が高いと聞いていたので、相見積もりをとりあえず取ってみようとぐらいにしか考えていませんでした。

確かに説明を聞いていればサービス内容からして料金が高めなのは分かりましたが、他社に比べたら料金差がかなりありました。やはり見積もりは比較してみるのがいいですよね。

断ろうかと思いましたが、丁度閑散期という事もあり、平日で時間指定無しの条件で今回は格安料金にしていただけたのでサカイ引越センターを利用することになりました。当日は男性スタッフが3人来てくれました。とても手際が良くて、すごく重たいタンスも軽々持ち上げるなど、丁寧でスピーディーに作業して頂けました。

引越し終了後に10分間何でもお手伝いをします、というサービスをされていて、ラックの組み立てをお願いしました。3人ともとても礼儀正しい方ばかりで、満足する内容でしたので引越しの際はまた利用したいと思いました。

東京から兵庫県へ主人の仕事の都合での引越し

3月に東京から兵庫に引っ越してきました。

主人の仕事の都合でしたが、私自身引っ越しは初めて。

引っ越し業者は大手はきっと高いんだろうな…というイメージがあったので、地元密着型のような小さいけれど全国に引っ越し展開している業者を探しました。

それにしても引っ越し業者は星の数ほどありますね…絞り出すためにまず、引っ越し侍というサイトを利用して、数ある中からよさげな会社を選びました。

北海道に本社を置く『プロロ』というところに連絡をとりましたが、担当になってくれた人がとても話をスムーズに通してくださり、料金値下げにも積極的に応じてくれました。ただ、繁忙期であったので、単純に値をさげることはできないので、

  • 引っ越し作業を行ってから1か月後までに届きますという日にちを指定できないコース
  • 荷造りはすべて自分たちで行う(※段ボールや緩衝材は業者の方が事前に相談の上、無料で用意して送ってくれます!)

で運んでもらうことに。値段的にもだいぶ安く、12万前後くらいだったと思います。

ただ、問題だったのが、届いて段ボールを開けると、お皿が何枚か割れていたこと。

厳重に運ぶようにと外箱に書いていたし、がっちりと割れないように包装していたにも関わらず。。

管理の仕方や、運び方がずさんなのかなという印象を持ちました。安くするなりにその分どこかで手を抜いているということでしょうか。自分で梱包したものに関しては、業者は責任をもたないという決まりで来たので、弁償してもらえることもなく、そこんとこが残念でした。

が、安さと時間がある方には参考になるかなとは思います。”

見積もり比較サイトを利用するのは慎重に

自宅のリフォームのために、一時賃貸住宅に引っ越しすることになりました。

引っ越しは実に30年ぶり。当時はなかったインターネットによる見積もり比較サイトに登録。すると…登録後数秒で次々と業者からの電話。1件目は「対応が早いな」と妙に感心したこともあり、見積もりのための来訪を受け入れましたが、2件目以降は断るのに必死でした。

来訪した1件目の業者は「アース引越センター」。正直「アート引越センター」と間違えて受けてしまいました。頼りなげな若いお兄ちゃんによるたどたどしい見積もりの説明。説明を聞いた後、とりあえずお引き取り願おうとしましたが、「今すぐ契約すれば安くする!」と食い下がってきました。上司に携帯電話で頻繁に連絡し、「何が何でも契約を取って来い!」と言われているような雰囲気。それに母が同情してしまい、安かったこともあり、即決してしまいました(今思えばあれも戦略のうちだったのでは?と思いますが…)。

引っ越し作業そのものは…作業する方達の感じは良かったのですが、養生が足りてないような印象を受けました。得に冷蔵庫。へこみ、傷がつき、引っ越し後は故障気味。。事前にしっかり確認をしていなかったため、引っ越しのために付いた傷だとも断言できず…。微妙な不満足感を抱えたまま、なんとなく引っ越し作業は終わりました。

もう少しメジャーな引っ越し業者だったらよかったのかな。押されると断り辛くなってしまうので、一括の見積もり比較サイトではなく、いくつか信頼できそうな引っ越し業者をピックアップし、相見積もりを取るべきだったな、と後悔しています。